髪の毛のセンター部分の分け目が目立つようになりました。

元々髪の量が人よりも多めで、太さも細くはなかったので自分は抜け毛や薄毛に悩むことなどないだろうと油断をしていました。

留学をする機会があり欧州で数年間生活をしていたのですが、その時に初めて自分の髪が薄く細くなっていることに気づきました。

おそらく水の変化によって、髪質にも大きく影響が出たのだと思いますが、同じ髪型を薄くなった髪で続けていたのも悪かったのだと思います。

いつものように髪をセンターで分けてきつめに結ぼうと鏡で確認した時、自分の地肌がくっきりと見えてギョッとしたのを覚えています。

以前はほとんど地肌が見えることなどなかったので、これはまずいと思いました。

その後定期的に分け目を変えたりしてみたのですが、一向に薄毛が改善されることがなく、どこか髪のボリュームそのものも減ってしまって髪型にも悩むようになりました。

現在は少しずつ回復してきてはいるのですが、センター部分のへたって少なくなってしまったところは未だ治療中です。

悩み解消のための対策は

私の場合は水の変化による影響が大きかったので、日本に帰国した後は髪の毛の細さなどは改善されました。

ただ既に薄くなってしまった部分には対策が必要だったので、髪型や分け目を定期的に変えたり、地肌のマッサージや頭皮に負担をかけない生活をできるだけ心がけていました。

一回リセットのために、髪の毛の長さをロングからショートにして、負担を減らしたりもしてみました。

また髪の保湿も疎かになっていたので、洗い流さないトリートメントや育毛促進の塗り薬なども購入して、頭皮プラス既存の髪の毛の髪質改善にも力を入れました。

同じ悩みを持っているあなたへ

元々髪の毛が多い方だったので、髪の毛が少ない人の方が手入れも楽で髪型も決まりやすいのだろうと勝手に思っていた部分がありました。

今では薄毛や抜け毛に悩む人の気持ちがよく分かります。

薄毛や抜け毛の悩みが改善されれば、おしゃれにも気持ちが入り、よりアクティブに毎日を送ることができます。

薄毛や抜け毛などの悩みがあると、少しの変化にも敏感になり、日常生活の中でストレスを感じることも増えることを実感しました。

私の経験談が薄毛や抜け毛で今も悩む方の力になれるかどうかは分かりませんが、あまりストレスを感じすぎないように、のんびり根気強く対策を続けていくことだと思います。

おすすめの記事