前髪が他の人達よりも薄いことがずっとコンプレックスでした

自分が本当はやりたい髪型にできない。

髪のボリュームが少ないことがコンプレックスで、いつもそのことを気にしている自分がいや。

小さな子供の頃から周りの女の子達の髪の毛が羨ましかったです。

髪の毛が沢山でフワフワしていて、風が吹くと彼女達の髪の毛はきれいに流れるから羨ましかったです。

風が吹いた時に地肌が透けて見えそうだと自分で思い込んで意識しすぎてしまっていました。

おでこが全部自然に隠れるような前髪になりたかった。

髪の毛が少ないからおでこが透けて見えた。

それが恥ずかしかった。

それをごまかすように前髪を伸ばしておでこをいつも出していました。

本当は前髪がおでこにかかる可愛いヘアスタイルに憧れていても、自分の前髪が薄くて憧れのヘアスタイルにできなかった。

髪のきれいな厚い友達にいつもコンプレックスを持っていました。

男の子も女の子も関係なく、髪の毛の厚い人にはいつもコンプレックスを感じました。

コンプレックスを感じながらつきあっていました。

悩み解消のための対策は

頭皮マッサージをするようになってから髪の毛がペチャンコにならなくなりました。

髪の毛にコシがついてきたと思います。

根本からちゃんと立つようになりました。

頭皮マッサージはブラシを使ったり、かっさを使ったり、手を使ったり、電動マッサージ機を使ったりしています。

ツボ押しもしています。

頭皮の血行を良くするように丁寧に、そしてこすらないようにしてマッサージをしています。

頭皮の血流を最も良くするのは圧迫法を用いたマッサージだと言われています。

他に心がけていることは軽い運動とストレスを溜めないようにすることです。

このどちらも血行を良くする為に必要なことです。

同じ悩みを持っているあなたへ

薄毛を改善する薬もあります、クリニックという選択肢もあります。

髪のことをコンプレックスにして暮らすよりも、コンプレックスから解放されて暮らすほうがいいと思います。

気にしているままだとどこかに暗い気持ちが残ったままになります。

それに今までにできなかったヘアスタイルができるようになるでしょう。

髪の毛がペチャンコになることなくフワフワしている、そういう人にずっと憧れてきました。

憧れていたのと同じように自分もなりたい。

おしゃれで可愛いヘアスタイルをしてみたい。

美容室でセットしてもらう時に髪が薄いことを気にしないようになりたい。

自分に自信を持ちたい。

自信の持てる自分になりたいから頑張りたい。

おすすめの記事