ストレスが溜まると、すぐに円形脱毛症ができてしまう

高校時代から今の年齢まで、ストレスが溜まると、円形脱毛症で主に後頭部に丸いハゲが出来るようになってしまいました。

円形脱毛症でハゲができても隠せるように、髪の毛は常に長めにしていて、どうにか隠せるようにといつもヘアスタイルの事ばかり気にして過ごしていました。

また、運動した後など少し激しく動いたりした時に、ハゲが見えてないかなどが気になってしまい、手鏡は2枚常に持ち歩き、たびたび個室トイレにこもっては後頭部を確認していました。

そのため、友人からは「またトイレ??頻尿すぎじゃないウケるー!」とよくからかわれていました。

ハゲがある事がみんなに知られるよりはましだとその頃の私はそう思っていました。

歳を重ねてからは、円形脱毛症でハゲが出来ることもまだしばしばあるのですが、それに加えて前髪が薄くなってきてしまい、全体のボリュームもなくなり、ハゲを隠すほどの毛量がなくなってきてしまい、今はそれが悩みです。

悩み解消のための対策は

私は薬を使ったりするのには抵抗があり、使った事がないのですが、頭皮にほどよい刺激をあたえたして健康に保つ為のブラシやマッサージ機を使っています。

また、自分の手でもよく頭皮、頭全体を揉み解すマッサージをしたりしています。

育毛剤などの薬は抵抗があり使ってはいませんが、シャンプーとトリートメントには気を使っていて、髪の毛と頭皮に優しいものを選んでいます。

主に病院で相談しておすすめされたものをその場で買って帰るという感じです。

陽の光にも気をつけていて、太陽光が強い日に外に出る時は必ずUVカットの日傘が帽子を着用しています。

同じ悩みを持っているあなたへ

いろんなヘアスタイルに挑戦してみたいと思います。

ハゲや薄毛が気になり、隠す為のヘアスタイルばかりをしていたので、写真はほとんど結んでいるものが多く、風になびいた綺麗な髪の毛を写真で写真に写りたいです。

カラーリングなども髪の毛や頭皮に悪いと思い、今までほとんどした事がなかったので、綺麗な髪色に染めたり今風のカラーを試したりしたいです。

自分の髪の毛の事を気にせずに済めば、もっと物事が楽しく感じるし、気楽に気持ちで過ごせると思います。

これからの時代、植毛やウィッグもどんどん進化していくと思うので、それらを活用して、上記のような楽しい気持ちを同じ悩みをもつ人と共有できていけたらと思います。

おすすめの記事