出産後から、髪がバサバサになり、抜け毛が何年も増え続けて怖くなった。

一人目の出産後は、髪質が変わりバサバサ、うねうねになり、セットしてもどうにもならない状態に。

抜け毛はさほどでもなかったので気にしていなかった。

二人目を出産後から、急に抜け毛が多くなり、シャンプーしたら排水溝に抜け落ちた毛の塊がこんもり!その後、タオルにも、櫛にも、ドライヤー後の自分の足元にも、抜け落ちた毛がたくさん。

毎夜そんな状態。

もともと毛量が多い方で、若い頃は、三編みするとその太さから、友人たちには「神社のしめ縄みたいー」と言われていたほど。

なので、毛が抜けることをはじめはそんなに気にしていなかったけど、数年間その状態が続き、下の子が4歳ななった頃。

じーっと、私の頭を見ているなぁと思ったら、一言。

「ママのここ(分け目)、剥げてるね」

多量の毛の持ち主で通ってきた自分が、まさか、我が子からハゲ宣告されるとは。

ショックすぎて、これは何とかしなければ!!と奮起した。

現在40代。

抜け毛がひどい時期、落ち着く時期を繰り返しながら今に至る。

悩み解消のための対策は

まずはシャンプーを変えてみた。

以前のは洗浄力が強すぎるのか、頭皮が乾燥する感覚があったので、シャンプー、コンディショナー、トリートメントと、髪と頭皮の保湿を心がけた。

効果は、そこまで感じなかった。

その後、「湯シャンがいい」と言う情報を見つけ、いきなり毎日湯シャンは厳しいので、2日に1回、3日に1回、慣れてきたら1週間に1回と、徐々にジャンプーの回数を減らしていった。

これは効果があった。

慣れるまで時間はかかるが、1週間に1回ペースになったあと、徐々に抜ける量が減り始めた。

食事改善もした。

調味料も見直し、加工品など添加物の摂取量を減らした。

同じ悩みを持っているあなたへ

薄毛になると、鏡を見るたび、憂鬱な気持ちになっていた。

でも、悩みが改善したら、気分がウキウキして、思い切ってショートにしたり、オシャレ染めをしたり、イメチェンも楽しめるようになった。

髪に自信が戻ると、服装もおしゃれして、外に出かけたくなる。

髪は女の命とはよく言ったもので、命とまでは言わないが、女のモチベーションにかかわる。

年齢を重ねても、子どもたちにとって、若々しいママでいたいと思う。

出産や子育てに仕事、年齢を重ねホルモンバランスの変化と、女性の体は大忙し。

出来るだけ化学物質を減らし自然な食事を心がけると、抜け毛が減り、体の中から元気になっていくのがわかる。

おすすめの記事