加齢とともに抜け毛が増えてきました。ハゲるのではないかと恐怖におびえています。

商業施設等のカメラモニターがついているエレベーターに乗った際に「分け目がずいぶん目立つ人がいるなあ」と思ったら自分だった!ということがよくあります。

同乗したほかの人と比較しても、自分の髪の分け目の広さは際立っていたのがショックでした。

また最近美容室に行った際に、ブースのライティングの強さのせいもあったのかもしれませんが、地肌が透けてみえてギョッとしました。

しかも若い人のような白い健康な地肌ではなく、禿げた男性にも似た、毛穴が永遠に閉じたつるつるの輝きがそこにあったので、心臓が止まりそうになりました。

朝起きると、枕はもちろんのこと、シーツ全体に髪の毛が散らばっている光景に意気消沈してしまいます。

足元らへんにまで毛がついているので、いったいどんな寝相で寝ているのか疑問ですが。

若いころはボリュームのありすぎる髪に悩んでいたのに、今はどうやって貧相な分け目をカバーしようかと工夫をこらさねばなりません。

今からこれでは二十年後はどうなってしまうのでしょうか。

悩み解消のための対策は

三か月ほど前から頭皮マッサージをするようになりました。

動画サイトで勉強し、血流を良くして老廃物を流すために毎日五分ほどですが、せっせと行っています。

特に道具もいらず、いつでもどこでもできますし、しかも抜け毛のみならず白髪にも効くというので。

無料でできることはなんでも積極的に試してみるタチなので、続いていますが、今のところ効果があるのかはまだいまいちよくわかりません。

ただ、頭皮を触っていると「ここにプチプチした老廃物の塊があるな」とわかるようになってきました。

気持ちがよくスッキリするので友人にも勧めています。

今後とも続けたいと思います。

同じ悩みを持っているあなたへ

髪質が改善し、しなやかでつややかでコシのある豊かな髪になれたら、もっかの悩みである分け目の広さや薄さを常に意識することもカバーする必要もないし、毎日似たような髪型にせざるを得ないということもなく、解き放たれて自由な気持ちになれるのではないでしょうか。

女性は髪型がものを言うと思います。

特に中高年は、髪質と髪型で確実に若見えします。

不自然な若作りという意味ではないです。

健康的なボリュームのある髪は自分で触っていても気持ちのいいものですし、気持ちまで若返って、選ぶ服装やアクセサリーも自信を反映したものに自然と変わっていきそうな気がします。

おすすめの記事